アーカイブ

‘WordPress’ カテゴリーのアーカイブ

WordPressのスパム対策プラグイン(Throws SPAM Away)を導入してみる

2014 年 1 月 17 日 コメントはありません

WordPressのWebサイトを運用していると、次第に海外からのスパムコメントの投稿が増えてきます。

コメントを一生懸命「スパムとしてマーク」しても次々とIPアドレスを変えて投稿してきますので、いたちごっこです。

なんだか「スパムとしてマーク」すると翌日、倍返しでスパムコメントが投稿されてる気がします。。

良いプラグインが無いか探していたところ「Throws SPAM Away」というプラグインが良さそうだったので導入してみたいと思います。

Throws SPAM Away導入のポイント

なぜ、このプラグインを選んだかというと

  1. 日本のシステム会社が作成したプラグインだから、設定とかも日本語でわかりやすい
  2. Akismetプラグインと違い、アカウント登録とかAPIキー取得とか不要でインストールしたらすぐに使えるから
  3. 日本語が含まれていないコメント投稿を無視する設定が可能(英語苦手なので、日本語のコメントだけもらえれば良いですw)
  4. IPアドレスのブラックリスト、ホワイトリスト両方設定できる
  5. スパムちゃんぷるーDNSBLというスパムブラックリスト(ライブドアの各種サービスで共通に利用されている共通スパムフィルタ)を利用することができる
  6. NGキーワードが設定できる

Throws SPAM Awayのインストール

インストールは、WordPressのダッシュボードから[プラグイン]-[新規追加]で「Throws SPAM Away」を検索してインストールします。

ダッシュボードからインストールできない場合は以下のページからダウンロードできます。

http://wordpress.org/plugins/throws-spam-away/

Throws SPAM Awayの設定

設定画面が日本語なので、設定に困ることはありません。

なので、設定方法は割愛。

デフォルト設定で運用を開始しましたが、ほとんどスパム投稿が来なくなりました!!

とっても優秀なプラグインです!


カテゴリー: WordPress タグ:

WordPress関連記事を表示するプラグイン

2013 年 7 月 6 日 コメントはありません

WordPressの投稿に関連する投稿を表示するプラグインYARPP(Yet Another Related Posts Plugin)を紹介します。

このプラグインを使用すると、タイトルや投稿の内容、タグ、カテゴリーなどから自動的に関連のありそうな投稿を見繕って、投稿画面の一番下に以下のような感じで関連記事を表示してくれます。

関連記事

インストール方法

ダッシュボードのプラグイン画面でYARPPを検索するか、YARPPのフォーラムからダウンロードしてインストールします。

インストール後、プラグインを有効にします。

設定

YARPPの設定画面では、関連記事を表示する画面、表示のスタイル、表示順などを設定する事ができます。

YARPP設定画面

■自動表示
どのページに関連記事を表示するか設定する事ができます。
テーマのPHPファイルにrelated_posts()を挿入する事で、任意の場所に関連記事を表示する事もできます。

  • 投稿 投稿ページに関連記事を表示します
  • 固定ページ 固定ページに関連記事を表示します
  • アーカイブ アーカイブページに関連記事を表示します

■一度に表示する関連記事数
一度に表示する関連記事の数を設定します。

■表示形式
関連記事をどのような形式で表示するか設定します。

  • リスト表示 テキストリンクのリスト形式で表示します
  • サムネイル表示 サムネイルを並べて表示します
  • カスタム YARPPのテーマを使用している場合に指定できます

■関連記事を囲むタグ、各関連記事を囲むタグ
関連記事のスタイルをHTMLで指定する事ができます。

■抜粋を表示
関連記事のタイトルだけでなく、記事の抜粋も表示します。

■関連記事が無いときのメッセージ
関連する記事が無いときに表示するメッセージを指定します。
HTMLで指定する事ができます。

以上です。


カテゴリー: WordPress タグ: ,

WordPressにtwitter,facebookなどのアイコン追加するプラグイン『WP Social Bookmarking Light』

2013 年 7 月 5 日 コメントはありません

WordPressの投稿に、各種SNSのいいねボタンや、投稿ボタンを設置するプラグンをご紹介します。

『WP Social Bookmarking Light』です。

とても多くのSNSボタンに対応していて、しかも設定がすごく簡単です。

主なSNSとして、twitter、facebook、google+、line、はてなブックマーク、Tumbler、Evernote、Lineなどなど
これ1つで設置可能です。

インストール

ダッシュボードの[プラグイン]画面から「WP Social Bookmarking Light」を検索してインストールします。

インストール後プラグインを有効にします。

設定

ダッシュボードの[設定]画面から、WP Social Bookmarking Lightの設定画面を開きます。画面上部には「一般設定」「スタイル」各種SNSの設定タブがあります。

設定画面

「一般設定」タブでは、以下を設定します。

■位置:SNSボタンを配置する位置を設定します。

  • Top 投稿の上部にボタンを配置
  • Buttom 投稿の下部にボタンを配置
  • Both 上下の両方にボタンを配置
  • None 表示しない

■個別記事のみ:トップページや、カテゴリ、タグなどの画面でも投稿にSNSボタンを配置するかどうかを設定します。

  • YES 投稿画面にのみボタンを配置
  • NO トップページやカテゴリなど複数の投稿が表示されている画面にもボタンを配置

■ページ:固定ページにSNSボタンを配置するかどうかを設定します。

  • YES 固定ページにもボタンを配置
  • NO 固定ページはボタンを配置しない

■サービス:設置したSNSボタンと順番をドラッグ&ドロップで設定します。

スタイル

SNSボタンを表示する領域のスタイルを設定することができます。設定にはCSSの知識が必要です。
私はマージンの設定を以下のように変更しています。

.wp_social_bookmarking_light{
    border: 0  !important;
    padding: 0 !important;
    margin: 1em 0 3em !important;
}

各種SNSボタンのタブ

各種SNS毎の設定をおこないます。
設定を変更したら「変更を保存」ボタンを押します。

これだけで、以下のようなSNSボタンが配置できます。


カテゴリー: WordPress タグ: , ,

BackWPupでWordPressをバックアップ

2013 年 6 月 25 日 コメントはありません

昨年、サーバー稼働率100%を謳ったファーストサーバでさえデータ消失事故が起こりました。

レンタルサーバーのデータだって、いつ無くなるかわかりません。

大切なデータは必ず複数の方法でバックアップを取得しましょう。

そこで、今回はWordPressのバックアップを取得してみたいと思います。

「BackWPup」という、とても便利なプラグインがあります。

DBだけでなくWordPressのファイル自体もバックアップしてくれます。

バックアップスケジュールを設定して、自動的にバックアップの取得、世代管理もできます。

また、バックアップ先には、バックアップフォルダの他にDropBoxやSyugerSyncなどのオンラインストレージも選択できます。

以下のサイトに良く手順が纏まってます。

とっても簡単!15分くらいで自動バックアップの設定が完了しました。

サーバーお引っ越しの際にでも、リストア手順も確認してみたいと思います。

■参考サイト

>BackWPup3でWordPressブログを丸ごとバックアップする方法(復元手順テスト済み・Q&A付き)


WordPressのタイトル(title)を変更する

2013 年 6 月 20 日 コメントはありません

WordPressの各ページのタイトルは「ブログ名」+「投稿のタイトル」で表示されます。

このページであれば、

「OSS-Lab オープンソース・ソフトウェア-ラボ » WordPressのタイトル(title)を変更する」

のように表示されます。
ブログ名ばかりが目立って、肝心の投稿のタイトルが目立ちません。
また、タイトルが長いと検索結果に表示される際に、後半部分が省略されてしまいます。

これを「投稿のタイトル」+「ブログ名」の順番に変更してみたいと思います。

titleは、ヘッダー出力用のPHPで出力されていますので、そちらのコードを編集します。

PHPの編集

ダッシュボードから[外観]-[テーマの編集]を選択して、テーマの編集画面を表示します。

画面右側のヘッダー(header.php)を選択してPHPを編集します。

このページのテーマiNoveでは以下のようなコードでtitleが出力されていました。

■変更前

<title><?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title(); ?></title>

それを以下のように変更します。

■変更後

<title><?php wp_title('-',true,'right'); ?><?php bloginfo('name'); ?></title>

設定を変更したら、画面左下の「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

関数の説明

関数が2つ出てきました。bloginfoとwp_titleです。
これらの関数の説明は、画面左下の「解説」から関数名を指定して「調べる」ボタンをクリックして調べる事ができます。

■bloginfo
ブログの情報を取得する関数です。
引数に取得したいパラメータの名前を指定します。
bloginfo(‘name’);と指定するとブログのタイトルが取得できます。

他にも以下のようなパラメータを指定する事ができます。

  • url                    サイトアドレス (URL)を取得
  • wpurl                WordPress アドレス (URL)を取得
  • description    キャッチフレーズを取得

■wp_title
そのページのタイトルを取得します。
ブログであればその投稿のタイトルが取得できます。

第一引数には、区切り文字を指定します。指定なしの場合は「»」が使用されます。
第二引数には、タイトルを表示するかどうかをtrue/falseで指定します。
第三引数には、区切り文字の位置を指定します。


カテゴリー: SEO, WordPress タグ: