アーカイブ

‘SEO’ カテゴリーのアーカイブ

WordPressのタイトル(title)を変更する

2013 年 6 月 20 日 コメントはありません

WordPressの各ページのタイトルは「ブログ名」+「投稿のタイトル」で表示されます。

このページであれば、

「OSS-Lab オープンソース・ソフトウェア-ラボ » WordPressのタイトル(title)を変更する」

のように表示されます。
ブログ名ばかりが目立って、肝心の投稿のタイトルが目立ちません。
また、タイトルが長いと検索結果に表示される際に、後半部分が省略されてしまいます。

これを「投稿のタイトル」+「ブログ名」の順番に変更してみたいと思います。

titleは、ヘッダー出力用のPHPで出力されていますので、そちらのコードを編集します。

PHPの編集

ダッシュボードから[外観]-[テーマの編集]を選択して、テーマの編集画面を表示します。

画面右側のヘッダー(header.php)を選択してPHPを編集します。

このページのテーマiNoveでは以下のようなコードでtitleが出力されていました。

■変更前

<title><?php bloginfo('name'); ?><?php wp_title(); ?></title>

それを以下のように変更します。

■変更後

<title><?php wp_title('-',true,'right'); ?><?php bloginfo('name'); ?></title>

設定を変更したら、画面左下の「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

関数の説明

関数が2つ出てきました。bloginfoとwp_titleです。
これらの関数の説明は、画面左下の「解説」から関数名を指定して「調べる」ボタンをクリックして調べる事ができます。

■bloginfo
ブログの情報を取得する関数です。
引数に取得したいパラメータの名前を指定します。
bloginfo(‘name’);と指定するとブログのタイトルが取得できます。

他にも以下のようなパラメータを指定する事ができます。

  • url                    サイトアドレス (URL)を取得
  • wpurl                WordPress アドレス (URL)を取得
  • description    キャッチフレーズを取得

■wp_title
そのページのタイトルを取得します。
ブログであればその投稿のタイトルが取得できます。

第一引数には、区切り文字を指定します。指定なしの場合は「»」が使用されます。
第二引数には、タイトルを表示するかどうかをtrue/falseで指定します。
第三引数には、区切り文字の位置を指定します。


カテゴリー: SEO, WordPress タグ:

無料ディレクトリサービスに登録する

2013 年 6 月 7 日 コメントはありません

検索エンジンに登録しても、全然アクセスが増えません。

コンテンツが少ないですし、まだサイトオープンして1週間なので仕方ないですよね。。

被リンクがまだ全くないので、誰の目に留らないのです。

そこで、無料のディレクトリサービスの登録してみたいと思います。

 

即時反映・相互リンク任意で運営もしっかりしていそうな

しんきとうろく106」に登録しました。

 

これで、少しでもアクセス来るかな?

 


カテゴリー: SEO タグ:

Xml Sitemapの作成

2013 年 6 月 5 日 コメントはありません

検索エンジンにサイトマップを教えるために

Xml Sitemapを作成して送信します。

 

WordPressのプラグイン「Google Xml Sitemaps」を使うと超便利です。

 

①プラグイン画面から「Google Xml Sitemaps」を検索してインストール

②プラグインのインストールが完了したら有効化させます

③設定のメニューから「XML-Sitemap」を選択します

④サイトマップは作成されていませんと表示されるので「こちらをクリック」をクリックします

⑤Xml Sitemapが作成されてGoogleとBingに送信されます

⑥サイトを更新した際には、「サイトマップを最構築する」をクリックします

 

以下のサイトを参考にしました。

>これ超簡単![WordPress対応]XMLサイトマップ登録法

 


カテゴリー: SEO タグ:

Google ウェブマスターツール

2013 年 6 月 5 日 コメントはありません

Googleの検索結果に表示されるように

Googleウェブマスターツールでサイトの登録を行います。

 

①ウェブマスターツールにログイン(Googleアカウントでログインします)

②ホーム画面からサイトのURLを入力して「サイトを追加」ボタンを押します。

③しばらく待つとGoogleにサイトが登録されます。(※私の場合は半日くらいでした)

サイトが登録されたかどうかは、Googleで以下のようなキーワードで検索する事で確認できます。

site:<<サイトのURL>>

例)site:takeiteasy.mydns.jp

検索結果が表示されれば、これで晴れてGoogleに登録されました。

 

サイトの所有者確認

サイトの所有者確認を行います。

メタタグをホームページに追加する方法、確認用のHTMLをサイトに配置する方法などがあります。

サイトの所有者確認ができると、ウェブマスターツールを使用してサイトの管理ができます。

>Googleウェブマスターツール

 


カテゴリー: SEO タグ:

Google Analyticsを使ってみます。

2013 年 6 月 1 日 コメントはありません

GoogleAnalyticsを使ってみたいと思います。

以下のサイトを参考にしました。

http://wp-exp.com/blog/google-analytics/

 

①GoogleAnalyticsの登録

GoogleAnalyticsのページで、Googleアカウントでログインするか

新規にGoogleアカウントを作成します。

 

②プロパティの設定

アカウントを作成したら、プロパティにサイトの情報を設定します。

 

③トラッキングコードの設定

自分のサイトの各ページにトラッキングコード(JavaScript)を埋め込みます。

GoogleAnalyticsの設定詳細はヘルプをご覧ください。

 

Ultimate Google Analyticsというプラグインで全ページに

自動的にトラッキングコードを埋め込む事ができます。

 

http://wp-exp.com/blog/ultimate-google-analytics/

 

スマホ用に最適化されたページを表示するプラグインWpTouchを使っていると

Ultimate Google Analyticsを使ってもスマホ用ページにはトラッキングコードが埋め込まれないみたいです。

2重で埋め込まれてました。原因を調査します。

WpTouchの設定画面でトラッキングコードの設定ができます。

 

http://www.lastday.jp/2012/02/28/wordpress-wptouch-google-analytics

 


カテゴリー: SEO タグ: