ホーム > Linux, オープンソース, 開発 > CentOSパッケージ管理rpmとyumの違い

CentOSパッケージ管理rpmとyumの違い

CentOSやFedoraなどのRedHat系のOSでアプリケーションのインストール、アンインストール、アップデートを行うコマンドにrpm(RPM Package Manager)とyum(Yellowdog Updater Modified)があります。

どちらもRedHat系のパッケージ管理システムで、殆ど機能も同等です。

機能の差異や使い分けについて調べたので纏めておきます。

どちらを使うのが良いのか?

yumの方が高機能なので、基本的にはyumを使用します。

rpmだけできる事、yumだけできる事を纏めました。

■yumだけできること

  • 依存関係のあるパッケージを自動的にインストール
  • パッケージ名だけでインストール可能
  • リポジトリにあるインストールされていないパッケージも検索できる
■rpmだけできること

  • ダウンロードしたパッケージファイル(.rpm)を指定してインストール
  • パッケージの中身を表示

以下のサイトがとっても良く纏まっています。

■参考サイト

>初心者の頃に知っておきたかった rpm と yum の違いと使い分け


カテゴリー: Linux, オープンソース, 開発 タグ: , , ,
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
*