ホーム > 開発 > WindowsにLAMPの開発環境としてXAMPPをインストールする

WindowsにLAMPの開発環境としてXAMPPをインストールする

オープンソースのOS、Webサーバ、DBサーバを使用したLAMP開発(LAMPは、Linux、Apache、MySQL、PHPまたはPerlの頭文字)が流行っています。

Apache、MySQL、PHPの開発環境をとても簡単に準備できるXAMPPというパッケージをインストールしてみたいと思います。

LAMP開発でもローカル開発用のPCはWindowsを利用することが多いので、WindowsPCにインストールしたいと思います。

ダウンロード

SourceForgeのXAMPPプロジェクトからダウンロードすることができます。

http://sourceforge.jp/projects/xampp/

Windows版のインストーラをダウンロードします。

インストール

インストーラを起動してインストールを行います。

インストールするコンポーネントを選択します。

Apache、MySQL、PHPの他に、FTPサーバ(FileZilla FTP Server)、メールサーバ(Mercury Mail Server)、Javaアプリケーションサーバ(Tomcat)、Perl、phpMyAdmin、アクセス解析ツール(Webalizer)、MTA(Fake Sendmail)をインストールすることができます。

インストール先フォルダを選択します。

BitNami for XAMPPという、XAMPP環境に簡単にWordPressなどをインストールするサービスの紹介画面です。

チェックを外して「Next >」をクリックします。

インストールの準備完了です。「Next >」をクリックします。

インストール完了。

コントロールパネルが開きました。

この画面でApacheやMySQLを起動/停止したり、設定ファイルを修正したりできます。

インストール確認

ブラウザから「http://localhost/」にアクセスするとスプラッシュ画面が表示されます。

一番右の「日本語」を選択すると「XAMPP for Windows」の画面が表示されればインストール完了です。


カテゴリー: 開発 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
*