ホーム > Oracle, 開発 > Oracle CREATE TABLE AS SELECT 文 で表のコピー(バックアップ)を作成する

Oracle CREATE TABLE AS SELECT 文 で表のコピー(バックアップ)を作成する

テストなどで一時的に表のバックアップを作成したい場合があります。

Export/ImportユーティリティやDataPumpを使用しても良いですが、CREATE TABLE文で簡単に表のバックアップが取得できます。

やり方

以下のように、CREATE TABLE文の後に、as Select …とSELECT文を書くだけです。
バックアップなので、COMPRESS句をつけて表を圧縮しています。

 

CREATE TABLE EMP_BK COMPRESS AS SELECT * FROM EMP;

これで、簡単に表の定義やデータをコピーすることができます。
索引や制約は引き継がれないので、必要であれば別に作成が必要です。
また、統計情報も引き継がれないので新たに取る必要があります。


カテゴリー: Oracle, 開発 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
*