ホーム > Oracle, 開発 > Oracle SQLを実行しないで実行計画を取得する(EXPLAIN PLAN FOR)

Oracle SQLを実行しないで実行計画を取得する(EXPLAIN PLAN FOR)

UPDATE文やDELETE文など、直接SQLを実行しないで実行計画を確認したい場合があります。

そんな時に便利なのが、EXPLAIN PLAN文です。

EXPLAIN PLAN文を使うことで、SQLを実行しないでもOracleのオプティマイザが選択した実行計画を確認することができます。

使い方

実行計画を取得したいSQLの前にEXPLAIN PLAN FOR句を使用します。

SQL>EXPLAIN PLAN FOR
SQL>UPDATE EMP SET NAME=’xxx’ WHERE ID=’001′;

取得した実行計画を表示するには、DBMS_XPLAN.DISPLAYを使用します。

SQL>SELECT * FROM TABLE(DBMS_XPLAN.DISPLAY);

 
もっと詳しく知りたいかたは、以下のページを参照してみてください。
>Oracle パフォーマンス・チューニングガイド(EXPLAIN PLANの使用方法)

http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/doc_dvd/server.111/E05743-02/ex_plan.htm
 


カテゴリー: Oracle, 開発 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。
*