Windows Defender を無効にする

2014 年 1 月 5 日 コメントをどうぞ コメント

WindowsVistaにはスパイウェア対策ソフトのWindows Defenderがインストールされています。

ウイルス対策ソフトウェアを導入する場合、ウィルス対策ソフトウェアにもスパイウェア検出機能が含まれているため、スパイウェア対策を2重で行っていることになります。

Windows Defenderを停止する

Microsoftが提供する無料ウィルス対策ソフトウェアのMicrosoft Security Essentialsをインストールしているため、Windows Defenderを停止します。

    1. コントロールパネルを開き、「Windows Defender」をクリックします。
    2. 「ツール」メニュー「オプション」をクリックします。

    1. オプション画面で「管理者」をクリックして「このプログラムを使用する」のチェックを外します。

  1. 「保存」をクリックするとWindows Defenderが停止します。

これで、Windows Defenderが無効化されました。

再びWindows Defenderを有効にする場合は、再度コントロールパネルから「Windows Defender」をクリックするとWindows Defenderが無効になっている事を通知するダイアログが表示されるので、「ここをクリックして有効化」のリンクをクリックしてWindows Defenderを有効にします。

その他の記事

  1. 信頼性モニタ(RacAgent.exe)を停止する
  2. 使わないサービスを停止する
  3. メモリ増強
  4. CPU交換
  5. 性能比較
  1. コメントはまだありません。
*